内田歯科医院 HOME > 一般歯科

一般歯科

虫歯 あなたは大丈夫?

虫歯は口内に潜む様々な細菌が集まった「歯垢」によって歯が溶かされてしまう病気です。放置しておくとどんどん悪化してしまうので、下記のような症状が見られる方はすぐに内田歯科医院にお越しください!

虫歯は進行程度によってC0~C4の5段階に分かれています。こちらでは虫歯の進行を見ていきます。

※「C」はCaries(カリエス)といって「う蝕」の意味です。

虫歯の進行

C0:脱灰(だっかい)

C0:脱灰(だっかい)歯の表面のエナメル質が少し溶解し、歯の表面に白濁部分が見られます。この段階では自覚症状はありません。適切なブラッシングと予防治療により、歯は再石灰化して治ります。

C1:歯の表面の虫歯

C1:歯の表面の虫歯歯の表面のエナメル質が溶解し、黒っぽい部分が見られます。この段階ではまだ痛みを感じません。治療は溶解部分を削り、適した素材の詰め物を削った部分に詰めて保護します。

C2:象牙質まで浸食した虫歯

C2:象牙質まで浸食した虫歯歯の中の象牙質まで細菌が浸食した虫歯です。特に冷たい物がしみますが、熱い物でもしみることがあります。治療は虫歯部分を削り、患者様に適した詰め物を使用して保護します。

C3:歯髄まで浸食した虫歯

C3:歯髄まで浸食した虫歯歯髄(神経)まで浸食した虫歯です。この段階になると脈を打つようなズキズキとした激しい痛みを感じるようになります。治療は神経を取り、その後被せ物を装着して保護します。

C4:歯根まで浸食した虫歯

C4:歯根まで浸食した虫歯歯冠部がなくなり、歯根まで浸食した虫歯です。歯根の周りが化膿し、歯髄が死んでしまっているので痛みは感じません。しかし、歯根の先に炎症がある場合は噛みしめるときに痛みを感じます。治療は、抜歯が必要であれば処置を行い、その後入れ歯かブリッジ、インプラントなどで補います。

歯周病 こんな症状はない?

歯周病とは、歯の表面に付く「歯垢」によって起こる歯肉や歯槽骨の病気のことです。進行すると歯を支えている歯槽骨が溶けてしまい、最終的には歯が抜け落ちてしまいます。

「歯肉が腫れている」「ブラッシングすると歯肉から出血がある」「歯がグラグラする」などの症状は歯周病の可能性がありますので、すぐに当院にお越しください。また、溶けてしまった歯槽骨は元に戻すことができません。治療も大事ですが歯周病にかからないように定期的な予防治療を受けることが何より大切なのです。

歯肉炎

歯肉炎歯肉が炎症を起こし赤く腫れます。ブラッシングのときに歯肉から出血することがあります。歯と歯肉の間に付いている歯垢(細菌)が毒素を出し、歯肉に炎症をもたらすのです。そうなるとさらに歯垢が溜まりやすくなり症状は悪化してしまいます。

歯周病

歯周病歯肉が赤紫色に腫れあがり、ブラッシングのときに血や膿が出ます。歯と歯肉の間が広がって食べ物が詰まりやすく、このまま放置してしまうと歯が抜け落ちてしまいます。